Style is Still Living

広尾にある設計・施工会社、スタイル イズ スティルリビングのブログです。 デザインやインテリアに関わること、リフォームや施工、またその他日々にまつわることも混ぜながら書いています。

アクセントクロスの使用事例

室内の壁の1面だけをアクセントクロスにすることがあります。

印象的な色や柄を使えば、お部屋の雰囲気をガラリと変えてしまう効果がありますし、また、ワントーン違った色や柄を持ってくるだけで、単調な空間ではなくなります。

一部だけ高価なクロスを使うのであれば、全面に使うよりも費用を抑えつつ、お部屋の質を上げることもできます。

弊社でアクセントクロスを使った事例をいくつかご紹介いたします。


■キッチンカウンター前の壁面をアクセントにした事例
P4220135-1024x768
一面、白いクロスだったところに、一部アクセントクロスを貼りました
27bd74350a5e883bbe0220eb37d9cccd
アクセントクロスを貼った後の画像。国内メーカー、ルノンのクラフトラインシリーズを使用。シックな雰囲気に仕上がりました





■ダイニングの一面をアクセントにした事例
Mhouse-LDK

088a3b9cdf6105fa063e80059830657c
ダイニングの壁面の一部にテシードさんでお取り扱いのある輸入のアクセントクロスを貼りました
DSC_1499-s
植物柄が天井のパネリングにとてもよく似合い、お手持ちの家具も映える空間となりました。





■ダイニングの1面をアクセントにした事例
9
ダイニング、絵が飾られている壁面にアクセントクロスを貼りました

11
同じ青系でもワントーン濃い色にすることで、空間にメリハリが生まれます



■テレビボードの背面をアクセントにした事例
21

3
テレビの背面の壁にアクセントクロスを貼り、ワントーン濃くしました



■寝室のヘッドボード側1面をアクセントにした事例
13
寝室の一面を大胆なパープルに。リビングダイニングとはがらりと雰囲気を変えて、楽しむのも良いと思います

img_example7_38
ヘッドボード側にまわりの壁よりワントーン濃い、落ち着いたグレージュカラーのクロスを貼りました


■リビングダイニングの1面をアクセントにした事例
IMGP7773
リビングダイニングの1面に、マナトレーディングさんでお取り扱いのある英国ハーレクイン社の壁紙をアクセントクロスとして使用しました
IMGP6833
夜の様子。ライティングによってまた違う雰囲気を楽しめます



■玄関入った正面をアクセントにした事例
f7da8e0bc4b8672cf9c136e993131eac
玄関の正面には株式会社トミタさんの日本の美を表現した壁紙コレクション「HANA IV」より”芳春”という、木蓮をモチーフにした壁紙。2枚1セットとなっており、アートのような壁紙です。ペールグレーとメタリックなブラウンをベースとした2配色で、日本の美意識を感じさせつつ、優雅でモダンな雰囲気を演出します


■子供部屋の1面をアクセントにした事例
 DSC_1484
子供部屋の壁をごく薄いパープルピンクで塗装をし、その1面のみ小鳥のアクセントクロスを貼りました。パープルピンクに、淡いブルーがとても心地よく映えます



481A5023
こちらは、また別のお客様の子供部屋です。お子様ご自身で選んだ、アクセントクロスを貼りました。こちらはお兄さまサイドの壁です


481A5032
こちらは妹さまサイドの壁です。ご自身でお選びになりました。可愛らしいですね。




■トイレにアクセントクロスを貼った事例
481A5102
トイレ洗面の正面にアクセントクロスを貼りました


681b48eb8e90d6b3088a86af5bfb0dc7
こちらはトイレ入った正面に明るいパープルのクロスを貼りました

e12c23aa0265f7333e828104bca6e638
周りはボタニカルな柄のクロスで、洗面正面のみグリーンのクロスを貼りました





いかがだったでしょうか。
今回のブログでご紹介させていただいたクロス取り扱いのある各社HPでは、色や柄などで検索できるようになっています。お時間のあるときにでもご覧いただくと、お楽しみいただけると思います。



テシード
http://www.tecido.co.jp/products/list.php?category_id=3

トミタ
http://www.tominet.co.jp/search.html

マナトレーディング
http://search.manas.co.jp

(*アイウエオ順)
 

ニーキッカー

DSC_1179
グリッパー式カーペット工事で使う道具です。「ニーキッカー」と言うそうです。その名の通り、ニー(膝)で蹴って使います。


グリッパー式でカーペットを貼るには、まず、部屋の隅に「グリッパー」というトゲのあるパーツを床に固定します。そして、カーペットをそこに引っ掛けて固定。カーペットにたるみが出ないよう、伸ばしてグリッパーへ引っ掛ける際、使うのがこの「ニーキッカー」です。
DSC_1186
この革のクッション部分を膝で蹴って、カーペットを引っ張ります。
革の部分を見ると、長く使い込まれている感じです。


DSC_1182
ヘッドの裏にはトゲがでていて、しっかりとカーペットをキャッチします。


DSC_1195
 使っているところを写真撮ったつもりでしたが、タイミングがずれてしまいました、、。
結構な勢いで蹴るのです。 余った部分をカットし、端をヘラで床面へ抑えたら仕上がりです。 


DSC_1177
ベテランの方の仕事を、若手の職人さんが真剣に見て学んでいました。


 

ミーレジャパンさん食洗機講習会に参加してきました

ミーレ・ビルトイン食器洗い機次世代モデル『 Eco Flex』全9モデル20 機種が今年7月に新発売されたのに伴い、その講習会が開かれたのでいってきました。ミーレ食洗機の特徴や、新たな変更点についての説明をしてくださいました。

お話を伺った中で、興味深かったことがいくつか。

【食洗機の普及率】
ドイツや米国では80%程度なのに対し、日本では30%程度。

さらに、国内での普及率1位は福井。そして1位〜10位までは西日本なのだそうです。それに対し、普及率が低いのは東北。
西日本では、食洗機の取り入れにあまり抵抗がないようです。東北の方は、機械に頼るのは、手を抜いているように感じてしまうのでしょうか。やや抵抗があるようです。
そして弊社事務所がある東京は38位。思ったより低かったです。

【食器洗いに使う水の量】
これは結構、衝撃でした。

手洗いの食器洗て使う水の量、なんと149.9L! ※ 日本電機工業会自主基準による (食器84 点 小物48 点つけ置き10L 含む)
同じ食器量を食洗機で洗うと、使う水の量は9.7L。
こんなに違うのですね。


【使用満足度の高い項目】
上から下に行くほど順位が低いです。(すみません、最初の51%しかメモしていませんでした)
・洗浄力 51%
・価格
・サイズ
・出し入れのしやすさ
やはり食器洗い機ですから!洗浄力がトップですね!


そして、今回の講習会のメイン、『 Eco Flex』の新しい特徴です。
大きく3つありました。

①新しいプログラム 『クイックパワーウォッシュプログラム』
 通常のミーレ食洗機のプログラムに比べ、洗浄・すすぎ・乾燥までの標準運転時間が約58分と大幅に短縮。(モデルにより時間は異なります) 実際に、シチューや卵かけごはんを乗せた後の皿をしばらく放置しカピカピになったものを、このプログラムで洗浄したところ、綺麗に落ちたそうです。 時間が短縮されても、汚れは十分落ちるのですね。

②新しい専用洗剤『ウルトラタブマルチ』
 すばやく溶ける、ミーレオリジナルのタブレット洗剤で、短時間のプログラムで も高い洗浄力と美しい仕上がりを追求したもの。新プログラムにぴったりの洗剤ということですね。

従来のものと比べ、どの位溶けやすいのか実演してくださいました。
ミーレ01

DSC_0444-816x612
65度程度のお湯が入った瓶を2つ用意し、その中にヨードチンキを垂らします。
まるで理科の実験のよう。

DSC_0446-816x612
ヨードチンキを入れた容器の中に、タブレット洗剤を入れます。
向かって左が新しい洗剤の『ウルトラタブマルチ』、右が従来の洗剤です。


DSC_0447-816x612

数分で左側の『ウルトラタブマルチ』は溶けて、ヨードチンキが分解され、色がなくなってきています。
この『ウルトラタブマルチ』は、ヨードチンキだけでなく、その他成分に対しても汚れを落としやすいように開発されているそうです。また、クエン酸が成分となっているので、害がなく、安心してお使いいただけます。




③より使いやすく進化したバスケット
 『3Dカトラリートレイプラス』→ナイフやスパチュラを横置きの状態で立てることができ、水切り効率がよくなりました。 この仕切りは可動式ですので、倒して使用することもできます。
DSC_0449-816x612

 『フレックスアシスト』→どこに何を入れるのが適切か、見た目で分かりやすいように、カップやワイングラスのアイコンがつきました。
DSC_0452-816x612

 『フレックスケアグラスホルダー』→強力な水圧で、庫内のグラスが動かないようにグラスホルダーにシリコンのグリップがつきました。
DSC_0451-612x816


また、よくお客様から庫内の臭いについて、問い合わせがあるようです。
臭いが気になる場合、以下をお試しになると良いそうです。
・低温でばかり洗っていると、バクテリアが発生しやすいので、高温洗浄も使う。
・フィルターの残った残菜やできるだけすぐに取り除く
・年に4〜5回、ケア用品を使う
・庫内のパッキンに水が溜まりやすいので、毎回拭く
DSC_0450-612x816




ミーレさんの食洗機講習会で伺った中の一部をご紹介しました。この他にも、エネルギー効率よく、食器を乾燥させる仕組みや、時間・温度・機械力・洗剤力を研究し商品開発されていること。大変興味深かったです。エコで、食器洗いの手間がかからず、綺麗に仕上がる。魅力的ですね。

ちなみに、2018年1月6日までにご購入されると、先ほどご説明した『ウルトラタブマルチ』を1年分プレセントするキャンペーンを行っているそうです。なんだか、ミーレさんの営業のようになってしまいましたが(笑)、せっかくですので、ご検討中の方はぜひ!

実物をご覧になりたい方は、ミーレさんのショールームへ。目黒と表参道にあります。
製品のご案内をご希望の方はご予約いただいた方が良いと思います。
【ミーレ・センター目黒】 https://www.miele.co.jp/domestic/2788.htm
〒153-0063
東京都目黒区目黒 2-10-11
目黒山手プレイス 1F

お問い合わせ
0120-310-793 (通話料無料)


営業時間 および 定休日
営業時間:11:00 ~ 18:00
定休日:水曜日 (休祝日にあたる場合は営業し、翌日休業) 


【ミーレ・センター表参道】 https://www.miele.co.jp/domestic/2836.htm

〒東京都港区南青山4-23-8(根津美術館向かい)

お問い合わせ
0120-310-724(通話料無料)

営業時間 および 定休日
営業時間:11:00 ~ 18:00
定休日:月曜日 (休祝日にあたる場合は営業し、翌日休業) 




Style is Still Living