Style is Still Living

広尾にある設計・施工会社、スタイル イズ スティルリビングのブログです。 デザインやインテリアに関わること、リフォームや施工、またその他日々にまつわることも混ぜながら書いています。

床暖房のススメ

こんにちは。スタイル イズ スティルリビングの森島です。ご覧いただきありがとうございます。
本格的に寒くなってまいりました。しかし、夏と冬、どちらが好き?と聞かれると、私は迷わず「冬!」と答えてしまいます。寒い時に、暖かい飲み物をふうふうしながら飲むのが何より好きなもので。。また、ウインタースポーツにも、寒ければ寒いほど燃えてしまいます。

さて、寒い時には、部屋をあたためますが、様々な機器による温め方があります。
・ホットカーペット
・床暖房
・ストーブ
・オイルヒーター
・遠赤外線ヒーター
・エアコン
・・・など。

どれも、一度はどこかであたたまったことがあるものばかりだと思います。
この中で、住居で使うのにおすすめなのは、やはり床暖房です。
実家が数年前に床暖房にしたのがとてもよかったので、つい、推してしまいます。
では実際には、何がそんなに違うのか。少し書いていけたらと思います。

まず、エアコンやホットカーペットと違い床暖房が一番大きく違う点は、
遠赤外線を利用したふく射熱が壁や天井に反射し、お部屋全体が暖まることです。

ーふく射熱とはー
温度がある物体からは、必ずその温度に応じた赤外線が出ています。
その赤外線によって暖める方法が「ふく射」です。ふく射は、放出された熱が室内の壁や天井や人など温度の低い物体に吸収され、部屋全体に伝わる熱のやりとりのことです。
床暖房の場合、暖められた床の熱が、壁・天井・人へと伝わり、部屋全体を均一に暖めます。
(一部、床暖房で快適.comさんより http://www.yukadanbou-kaiteki.com/)


さらに暖まった空気が対流し、部屋の上部と下部で温度が違う、なんていうことがありません。足下は暖まった床に直接ふれることでぽかぽかです。

では、ホットカーペットはどうなのでしょう。
ホットカーペットは遠赤外線を少ししか出さないため、接している部分は暖かいのですが、お部屋はあまりあたたまりません。足だけ部分的に暖めたい場合には良いと思います。

エアコンは、せっかく出てきた暖かい空気が上部にたまってしまい、足下は冷たくなりがちです。それに、吹き出した温風でお肌が乾燥したり、ホコリの舞い上がりや、フィルターについたカビの飛散などが気になりますが、床暖房であればその心配もありません。

ストーブのように、実際の火を使うものは、暖まり方が早いのが魅力です。
ただ、換気や、火の元に気をつけなければなりません。

では、床暖房はどのくらいであたたまるの?と気になりますが、足下だけなら割とすぐに暖かさを感じます。部屋全体を暖めるには、約1時間ほど時間がかかります。
タイマーをかけることができるので、冬の朝などは起きる1時間前にセットすると、リビングに入ったときに暖かいです。もしくは、床暖の立ち上がり時のみ、エアコンをつけるのもおすすめです。


さて、床暖房には、温水式と電気式があります。
リフォームの場合、その時と場合によって使い分けますが、中古マンションリフォーム場合には、元々温水式床暖房がついている場合が多く、その場合はそのまま温水式にすることが多いです。
また、新規で取りつける場合には、電気式が多いです。理由としては、温水式床暖房対応の給湯器は価格が高い上に、寿命が10~15年のため、都度買い換えなければならないからです。
電気式では、そのような心配はありません。
リフォームをご検討中の場合には、どちらの床暖房のほうが向いているのか、相談してみると良いと思います。


床暖房01
↑スケルトンリフォームの際に、蓄熱電気式床暖房を採用。
電気代の安い深夜電力を使い、蓄熱して日中放熱するようにしています。
さらに、二重窓にしたため断熱性も高く、熱が逃げにくいです。

床暖房02
↑こちらは、元々、温水式床暖房がはいっていましたので、それを活かす形にしました。
なお、既存フローリングの上に、フローリングを貼りましたが、温度は丁度よいそうです。

床暖房03
↑こちらは戸建てのフルリフォームでした。エアコンや浴室暖房乾燥機に東京ガスのTESが入っており
できるだけ、それを生かしたいとのことでしたので、温水式床暖房を採用しました。




床暖房にするには費用もかかりますし、一長一短に床暖房がいい!とは言えないのですが、
オススメには違いないので、もし、施工する機会がありましたら、一度ご検討してみてください。ちなみに、床暖房に加えて、窓を二重窓にすると、さらに暖かさが逃げず、結露もせず、快適冬ライフとなります。



今回は、床暖房について、お話しましたが、
そうはいっても、あのストーブの点けたときの独特のニオイで冬を感じるのも好きですし、
エアコンの手軽さも捨てがたいですよね。薪ストーブや、昨今でてきたバイオエタノールの暖炉など、実際に炎がゆらめいているのを見るのも惹かれます。
まだまだ、冬ははじまったばかり。また、改めて別の暖房機器についても書いていきたいと思います。

漆喰の壁にしてみたい!

スタイル イズ スティルリビングの森島です。ご覧いただきありがとうございます。

漆喰の壁のお話しを少ししたいと思います。
弊社の事務所の壁は漆喰なのですが、その質感や、風合いを見るたび
ああ、自分の家の壁も漆喰にしたい・・・!と、憧れてしまいます。
職人さんたちが丁寧に仕上げていく壁は、壁紙にはない魅力があります。

見た目の魅力以外に、漆喰壁の特長として
・調湿効果
・カビの抑制
・化学物質の吸着
・臭いの改善
・防埃
などあり、とても優れた素材であることがわかります!

特に、最近の住宅は、気密性を重視するばかりに
空気の循環が滞り、湿気による結露がカビの発生原因となることもあります。
その場合、調湿効果のある漆喰壁によって改善する効果があるようです。また、漆喰自体が無機質なので、カビが生えにくいのです。

リフォームの現場に立ち会っていると、そのお客様のお好みに合うように
職人さんが様々な塗り方をしているのを目にします。
多いのは「押さえ仕上」や「パターン仕上」です。

mori03-s

↑こちらの天井は、フラットな「押さえ仕上げ」です。
鏝を何度も通して硬く押さえる事によって壁面の密度が上がり、 表面強度が強い壁 となります。
真っ平らでごまかしがきかないので、下地からしっかりやらないと、上塗りで下地をひろってしまい、凸凹やムラになってしまします。職人さんの腕のみせどころです!
 キリリと締まった印象で、魅力的です。


漆喰06

漆喰05

しっくい03

しっくい04

↑こちらは、「パターン仕上げ」です。
パターン塗りは、鏝あとを残しますが、その残し方で印象が変わってきます。
また、骨材をいれる事により、ざらっとした雰囲気を出したりもできます。
 
光の当たり方で表情がかわり、また、時間や季節によっても表情が変わります。
今は冬なので、太陽が低く、日が部屋の奥まではいるので、事務所の漆喰も
よい表情を見せています。

今回ご紹介した以外にも様々な仕上げがあります。 
色やパターンによって、例えばスウェーデンなどの北欧風、スペインなどの南欧風、そして和風にもなります。
もし、壁を漆喰にしたいと考えていらっしゃいましたら、
仕上げをどのようにしようか、前もってイメージすると良いと思います。



漆喰などの左官工事についてですが、左官工事は一面を塗るのに、作業を中断することができません。
途中で手を休めてしまうと、どんどん乾いていってしまうからです。
そのため、昔は大名行列が通る際にも唯一左官屋だけは、仕事の手を止めなくてもよかった
なんて話も聞いたことがあります。
職人さんは最初にパターンを確認をしたら、一気に塗っていきます。
とてもかっこいいです。

私は、パータン仕上げの中で1番目の写真のような壁にできたらいいなぁと、想像をふくらませています。
みなさんはいかがですか?
ぜひ、広尾ショールームの漆喰壁も見にいらして下さいね。

ミーレ食洗機、新製品シリーズのお披露目&レクチャー

昨日、ミーレ・ジャパン本社にて食洗機の新製品シリーズのお披露目とレクチャーが開催され、参加してきました。

スタイル イズ スティル リビングでキッチンを依頼されるお客様も、ミーレやAEGといったドイツ製食洗機を選択される方が多くいらっしゃいます。なんといっても45cm幅でも国産の1.5倍の収納量、60cmモデルにいたっては頼もしいほどの大きさが魅力ですね。

良く言われることですが、食洗機満載の食器を流水で洗うとどれくらいの水を消費すると思いますか?なんと、150リットルにもなるそうです。それを食洗機はわずか10リットル程度の水で洗ってしまいます。これは覚えておきたいですね。
欧米での食洗機の普及率は60%前後、日本は25%にも満たないそうです。使ってみると本当に便利ですので、お奨めです。

写真はスタイル イズ スティル リビングのオリジナルキッチンにビルトインしたミーレ製食洗機と、昨日のレクチャーでの写真です。

ミーレ2

ミーレ1
 
Style is Still Living