Style is Still Living

広尾にある設計・施工会社、スタイル イズ スティルリビングのブログです。 デザインやインテリアに関わること、リフォームや施工、またその他日々にまつわることも混ぜながら書いています。

築42年のマンション 完成しました

狛江補正-1mini
何度かブログでお伝えしていた、築42年のマンション再生プロジェクト。完成しました。
無事お引き渡しも済み、入居者も決まり、お引っ越しされたとの事。

築42年のマンションで、オリジナル間取り、ほとんど大きなリフォームも経ていないお部屋でした。
そのお部屋を、「ローコストでインフラ含め最新の仕様に変更する」「ローコストでもスタイルイズスティルリビングらしい仕事にする」が与えられた命題でした。

beforeキッチン
これが解体初日の写真です。
キッチンの横に給湯器があり、以前はこの前に冷蔵庫を置いていて、壁との間に隙間が生じていました。

狛江補正-3mini

改装後のキッチンです。
シンプルですっきりと仕上がっています。キッチン左横の収納は、電子レンジ、炊飯器などが収納出来るよう造作しています。

狛江補正-15mini
玄関からの様子です。
以前はお風呂の中に洗面があり、脱衣も玄関から見える洗濯機の前でするというものでした。
今回の改装で、洗濯機を廊下横に独立した収納を設け、その中に設置。洗面とトイレを一室でバスルームの隣に配置することで、ミニマムなスペースながら独立した空間を設けることが出来ました。

before押入

改装前の和室からリビングを見た写真です。
この部屋は下の写真のように寝室になります。

補正B-2mini
ほぼ同じアングルから撮っているのですが、同じ部屋とは思えませんね。
部屋の左側に大きなクロゼットスペースを設けています。またちょっとした小物などを飾ることの出来るニッチも設けています。

補正B-4mini
このように大容量のクロゼットで、右奥にはスノーボードやスキーなど長尺物も収納出来るスペースを作っています。

補正C-2mini
ダイニングとリビングはこのように仕切ることも出来るので、ゲストをリビングに泊めることも可能です。

スタイル イズ スティル リビングとしては短い1カ月工期で、ほぼスケルトンに近い解体をして完成までこぎ着けました。
オーナーさんが子供、学生時代を過ごしたお部屋を、賃貸物件へと再生し、あらたな命を吹き込みました。



 

渋谷区S邸 新築マンションのリノベーション②


S邸の工事が始まりました。まず、折り上げ天井部分の造作工事と電気工事が入ります。

DSC_0264
梁より一回り入った部分が折りあがるよう、施工していきます。


DSC_0266
折り上げ部分を作り、ボード・クロスを貼ると、綺麗に折り上がった天井が出来上がります。


DSC_0350
LED照明を設置していきます。調光機能付のため、その時の雰囲気でちょうど良い照度に調整が可能です。


P8280296
こちらは、施工前です。


DSC_0354
こちらが施工後。施工前と比べると、だいぶ印象が変わったのが分かります。


キッチン天板02
キッチン収納施工前です。


DSC_02603
施工後です。キッチン収納は、お手持ちの家電の品番を伺い、ちょうどそれらが入る大きさで製作しました。


DSC_0081
キッチン収納の天板は大理石のサンプルを複数取り寄せ、既存のキッチンの天板と色味や模様をを合わせました。また、面材の色は既存の扉を塗装屋へ送り、色合わせの上塗装していますので、統一感あるキッチン空間に仕上がっています。


DSC_02613
炊飯器は使用する際には、取り出せ、使わない際には収納できます。


DSC_02646
新規マンションのキッチンに意外とないものが、ゴミ箱スペースです。
3種類分別できるようにし、使わない時にはすっきりと収納できます。



DSC_0210
パントリー。以前は可動棚でしたが、奥行きが455㎜もあったため、奥の物の出し入れがしにくく、非常に使いづらい仕様でした。引き出しにすることで、出し入れしやすい収納となりました。一番下の段は、キャスター付きのボックスで、お米やお酒など、重たいものを入れるのに重宝します。


DSC_0179
寝室壁面収納。大容量の壁面収納を設置しています。
紳士様のシャツが入る高さの棚や、スラックスハンガーをつけています。
また、小物を掛けることのできるフックもあり、少ないスペースで、できる限り使いやすい仕様にしました。


P8280291
家具設置前。少しくぼんだ、使いづらい空間でした。


DSC_0441
家具設置後。くぼんだスペースをうまく利用し、収納とデスクスペースとなりました。デスクには手元が明るく照らせるよう、LED照明を仕込んであります。また、デスクに向かって斜めの形になっている収納は圧迫感を少なくし、デスク周りが広く感じることができます。
手前の黒いチェストのみ、既製品です。


DSC_0655
テレビボードは、テレビとのバランスをとるように、幅を柱部分までのばしています。
家具は大きくなりますが、逆に空間は広く感じます。また、台輪で隠して、見えないようになっていますが、家具の下にはキャスターがついています。配線などするために、家具を簡単に動かせるようにするためです。


DSC_0035_1
テレビボードの向かい、チェスト設置前。

Shimada-3 copy
設置後。大切な食器等をしまうチェストを設置しました。


P8280300
施工前のキッチンカウンター前スペース。


Shimada-6 copy
こちらには、カウンターより少し低い位置にグラス収納を設けました。


Shimada-7 copy
ダイニングテーブルからすぐに取り出しできます。


P8280305
施工前の玄関前ニッチです。


Shimada-4 copy
照明付きのニッチは、玄関の人感センサーとつながっており、入ると照明がつきます。
ちょうど写真はクリスマスの頃ですが、季節ごとに飾るものを変えて楽しむことができます。

家具が納品された後、家具や小物の設置です。



渋谷区S邸 新築マンションのリノベーション①

昨年の9月に新築マンションのリノベーションと家具や小物のコーディネートのご依頼をいただきました。少し前の物件となりますが、ご紹介いたします。

お客様は、新居にお住まいになるにあたり、収納スペースが少ない部分や、使い勝手がよくない部分の改善をご希望でいらっしゃいました。また、お部屋全体をトータルにコーディネートするため、窓周りや家具、小物類もご依頼いただきました。 新築ですが、住みやすいように、お部屋をカスタマイズしていきます。
S邸
既存では、寝室のウォークインクロゼット、キッチンパントリー、リビングダイニングの作り付け収納、洋室2の収納はありますが、食器やその他小物類、テレビボードなど、追加の収納が必要でした。

P8280284
お話を伺ってから、図面と共にご希望をお伺いしておりましたが、内覧会の際に同行させていただき、実際に現地を拝見しました。現地で再度お客様のご希望を伺いながら、必要な部分を採寸していきます。


キッチン天板02
キッチン。手前は冷蔵庫を置くスペース、奥の扉はパントリーの入り口です。キッチン周りに食器やキッチン家電を置くスペースがありませんので、造作で製作します。


P8280300
キッチンカウンター前。カウンター下部分を利用し、グラス類のための収納を設けます。


P8280291
寝室。壁のへこんだ部分が使いづらいスペースです。ここを利用し、天井までの壁面収納を造作し、洋服の収納と、デスクスペースを設けます。


P8280288
洗面。洗濯機の上部分を利用し、タオル類や、洗剤を入れる収納を設けます。



P8280305
玄関。玄関に入った際にアイポイントとなるよう、照明付きのニッチを設けます。



shimadabefore
庭に向かった腰窓の前には、テレビボードを設けます。
リビングダイニングのお庭側がすべて窓ですので、いかにソファ、テレビ、ダイニングテーブル、お手持ちのリクライニングチェアを気持ち良くレイアウトするか、なんども検討しました。


DSC_0035_1
テレビボードの反対側には、大切な食器類を収納するチェストを製作します。


P8280296
リビング。天井は折りあげ天井にし、雰囲気のあるリビングにする予定です。

提案を重ねてレイアウトや造作家具の仕様を決め、工事に入ります。
Style is Still Living