Style is Still Living

広尾にある設計・施工会社、スタイル イズ スティルリビングのブログです。 デザインやインテリアに関わること、リフォームや施工、またその他日々にまつわることも混ぜながら書いています。

日比谷松本楼 クロス納品

日比谷公園開園(明治36年)とともにオープンした洋食の老舗「日比谷松本楼」。現在の建物は、昭和48年にホテルオークラの設計で知られる小坂秀雄氏の手によって建てられました。以来36年の長きにわたってリニューアルせずに大切に使われてきましたが、さすがに老朽化は否めずスタイル イズ スティル リビングの手によって2009年に全面リニューアルを行いました。(施工事例のページはこちらをご覧ください→*

その後もアフターメンテナンスのために、時々お伺いしています。

今回は、レストランのテーブルセンターや受付台用のクロス類をご依頼いただきました。
お客様のリクエストとして、
・アクセントとなり華やかなイメージのもの。
・公園の中をイメージできるもの。
・内装のインテリアと調和するもの。
など、ご希望をいただきました。

中目黒のマナトレーディングさんにて、生地を見せていただき、
ご提案用にいくつかピックアップしてきました。


㉛-4


㉖-3

㉑-1




DSC_0666
写真は日比谷松本楼3階にあります、Bois de Boulogne ボア・ド・ブローニュです。
こちらのテーブルセンターには、ご提案したうちの、白地に光沢のあるベージュの糸で刺繍のされた生地をお選びいただき、
奥の丸い花台には、同じ刺繍生地にグリーンの無地生地をお選びいただきました。椅子の張地とも合う、エレガントな生地です。



DSC_0661
日比谷公園内にあるレストランですので、窓の外には東京の真ん中とは思えないほど豊かな緑を眺めることができます。
ただ、夜には真っ白なクロスが目立ってしまうとのことで、アクセントとなるような細いテーブルセンターをご希望でいらっしゃいました。
センターにラインがはいることで、エレガントな華やかさが添えられています。

DSC_0667
花台のクロスの色味も雰囲気によく合っています。


DSC_0659
日比谷近辺にいらした際には、ぜひお立ち寄りください。とても気持ちの良い、素敵なお店です。

Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに①

今週より、Y邸でのリフォーム工事がはじまりました。

Y邸3


今回は、水回りや床の工事はなく、寝室のひと部屋を主寝室と子供部屋に分ける間仕切り工事、壁面漆喰・クロス張替え工事、折り上げ天井工事、空調設備の追加・更新、その他造作工事です。
お子様が大きくなり、子供部屋とスタディスペースを設けることが、今回のリノベーションの大きな目的です。子供部屋は、将来それぞれの部屋に分ける予定ですので、間仕切り壁を入れることができるような天井下地にし、エアコンの吹き出し口も2箇所設けます。



まずは、解体前日に電気の切り離し、エアコンの配管切り離し・フロンガス回収をしたのち、解体工事に入ります。
DSC_1054
解体前を撮影する前に、あっという間に間仕切り壁が取り払われました。
緑の壁部分が元の寝室です。今回の工事で、この壁をもう少し手前に出し、
子供部屋と主寝室に分けます。また、正面の洗面ドアからリビングに向かって廊下とし、そこにご家族で使えるスタディスペースを設けます。

DSC_1065
天井のボードをはがし、縦横にまっすぐ伸びている軽量天井を取り除きます。

DSC_1070
すると、使われなくなって、天井裏にそのまま残っていたエアコンのダクトや、つい最近まで使われていた既存ダクトが見えてきました。これらはすべて撤去し、今回のエアコン増設・更のために、新たにダクトを設置します。

DSC_1083
すこし見えづらいですが、ダクトはすべて取り払われました。
残っているのは、上階の配管と浴室へ向かう給湯器からの配管です。


解体が終わった翌日から、大工さん、空調屋さんが入ります。
DSC_1117
写真奥は洗面です。ここは元々開き戸でしたが、スタディスペースのデスクに干渉してしまうので、引き戸にします。戸が壁に引き込まれる分、壁をふかす下地ができてきています。


DSC_1120
こちらの写真は、空調屋さんが指定の場所にエアコンを釣り上げているところです。
元々エアコンは業務用エアコンが1台あり、各部屋に吹き出し口を設けて使用していましたが、各部屋で入切や、温度調節をしたいというご要望があったため、今回はエアコンを2台設置します。
1台はリビングダイニングに、1台は主寝室に。また、主寝室のエアコンより吹く風を、一部子供部屋へ送るために吹き出し口を設けます。


この後は、電気屋さんが、コンセントやスイッチ、その他照明等を取り付けするためにケーブルを天井裏や壁裏に這わせ、壁を通して末端の機器に接続するための「逃げ配線」という作業を行います。




Y邸の完成までの様子はこちらよりご覧下さい
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに②
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに③
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに④
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑤
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑥
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑦
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑧
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑨
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑩
Y邸 竣工写真撮影

サクラスタジオ前の桜3

サクラスタジオ前の桜も、すっかり葉桜となりました。
満開の際にお伝えできませんでしたが、写真を撮っていましたので、満開になるまでの様子をご覧いただければと思います。

DSC_0691
3月10日 まだ蕾が固いです

DSC_0714
3月15日 数日で蕾がふくらんできています

DSC_0721
3月17日 うっすら蕾が緑がかってきました

DSC_0746
3月22日 花が咲き始めました

DSC_0755
3月23日 花の数が増えてきます


DSC_0802
3月28日 次々と花が開きはじめました

DSC_0896
3月31日 満開です

DSC_0887
2階の事務所の窓からはちょうど目線の位置に桜の花が見え、最高のお花見場所となりました。

DSC_0874
通りはこのように満開です。明治通りはなかなか良いお花見スポットです。

53c18477

パソコンにも外の桜が映り込み、とても綺麗でした。

これからの葉桜、紅葉も楽しめて、季節を感じるサクラスタジオです。


 
Style is Still Living

style_is_stilllivi...