Style is Still Living

広尾にある設計・施工会社、スタイル イズ スティルリビングのブログです。 デザインやインテリアに関わること、リフォームや施工、またその他日々にまつわることも混ぜながら書いています。

壁面タイルの使用事例


リフォームの際に、壁面にタイルをご提案することがあります。
お部屋のアクセントとして、また、キッチンや洗面など水や油がはねる箇所などに使用します。

天然の石や、磁器タイル、ガラスモザイク、エコカラット、ブリックタイルなど種類があり、全体的なイメージや使い勝手を考慮しセレクトします。

そこで、弊社のタイルを使った事例をいくつかご紹介いたします。



こちらは優しい色合いの天然ライムストーンを壁に貼りました。
この事例のその他画像は「ガーデンテラスのあるオフィス」をご覧ください
Okada10s1


こちらも天然石。アドヴァンのナチュラルロブソンスタックです。「 石が長い年月をかけて固まり地層となったそのままを、熟練の石職人が大きさや凹凸を組み合わせた、積み石の壁に仕上がる」(アドヴァンHPより引用)。力強い石の素材感や、やや濃いめの色味が良いアクセントになりました。
P6260031-767x1024

IMGP7186



こちらは磁器タイル。
横長の大判タイルを使用することにより、まるでホテルのような雰囲気の仕上がりです。
この事例のその他画像は「二子玉川 ヴィンテージマンションリフォーム」をご覧ください。
Bath3-2-680x1024

Bath2-2-680x1024

Bath1-2-680x1024


こちらは白い磁器タイルを使用しました。天井にウッドパネルを、床にグレージュのタイルを用いることで、タイルの白さも無機質にならず、明るく気持ち良い空間となりました。
この事例のその他画像は「60㎡のスケルトンリフォーム」をご覧ください
 IMGP8807-682x1024


こちらも磁器タイル。濃いめの大判のタイルで、シックな雰囲気に。
この事例のその他画像は「4階建てビルを快適な住宅へコンバージョン」をご覧ください
a9055b92566f88e80e7d270e27a46351


こちらは小さめの磁器タイルを使用。
この事例のその他画像は「浴室デザインリフォーム」をご覧ください
84bae900f4f33e83722373a37ce9fdf5



こちらは少し凹凸のある磁器タイルを使用した事例。アンティークのような雰囲気があります。
この事例のその他画像は「広尾 ギフトショップ LIME」をご覧ください。
Lime9-e1501814809348




こちらからは、磁器タイルをキッチンで使用した事例です。
その他キッチン事例はこちらをご覧ください。
bannno04

 bannno08

IMGP5485

4a145c4384e7d3188d56fe11d716bddc

2d30db9bfe6ca36535249634de8cf56c


こちらは洗面にガラスモザイクを使用した事例。ガラスモザイクならではの透過や乱反射する風合いがとても素敵です。
この事例のその他画像は「漆喰とクロスを使ったマンションリノベーション」をご覧ください
洗面


エコカラットを使用した事例。調湿、脱臭などの効果がある機能性タイル。
toilet-762x1024


こちらは、ブリックタイルを使用した事例。
周りの壁は漆喰で、1面のみアクセントとしてブリックを貼りました。ブリックの上は白く塗装しています。
この事例のその他画像は「ヴィンテージマンションリフォーム 子供部屋を作る」をご覧ください。
yoshioka-13

yoshioka-5


最後にこちらは弊社ショールーム。
ヘッドボード裏に、アクセントとして木目調の磁器タイルを貼っています。
少し凸凹したタイルにアッパーライトが当たり、素材感が映えます。
機会がありましたらぜひショールームをご予約の上、実際の様子をご覧ください。
補正-10



また、タイルは各社メーカーのショールームでもご覧いただくことができます。ぜひ実物をご覧になってみてください。目的のものがある場合には、ショールームへ展示の有無を確認してからいらしていただくのが良いと思います。
アドヴァン
サンワカンパニー
名古屋モザイク
平田タイル
LIXIL 

リクルートホールディングス「都心に住む」bySUUMO 2017年9月号に掲載されました

IMG_3829
遅ればせながら、ホームページのNEWS欄と同内容となりますが、雑誌掲載のお知らせです。
「10年後に伝説となるヴィンテージ・マンション新定義」という特集に、先日竣工した「プレミアムビンテージマンションのリノベーション」が掲載されました。

 

特集にはSTORY1〜4まであり、今や伝説視されるヴィンテージ・マンションを訪問し、その本質的な価値を改めてひもとく、という記事となっています。

 

弊社の事例は「STORY 1 ニューヨーク、パリ、東京 ヴィンテージに住むヴィンテージ・マンションに暮らす4組を訪問」 こちらのコーナーに掲載されています。

 

「都心に住む」は、都内の住まいに特化した内容となっており、毎回見ごたえのある物件が特集されています。ぜひ、お手にとってご覧ください。

ワイヤー連結釘

DSC_0523

DSC_0524

DSC_0522

蜂の巣のようなこの物体。大工さんの道具の脇に置いてありました。ワイヤー連打釘といいます。色々と種類があるようなのですが、こちらは木下地用の物らしいです。専用の釘打機にセットすると、連続で打つことができます。

 
Style is Still Living