PEF補正-20

6月27日より10月末まで4ヶ月にわたる工事を行い、生まれ変わったヴィンテージマンション。
これから、数回にわけてその模様を掲載したいと思います。
このプロジェクトは、カガミ建築計画とのコラボレーションで、各務謙司さんデザイン、スタイル イズ  スティル リビング施工で進められました。日頃、デザインと施工をトータルに行うスタイル イズ スティル リビングですが、以前よりリスペクトしていた各務さんからの依頼に、全面的に協力させて頂くことになりました。



beforeキッチン側2

お話を頂いたのが4月の中旬、現地を拝見したのが5月の中旬でした。工事開始まで1ヶ月半ほどしか無く、図面が出来上がる前に着工というスケジュールとなりました。
写真は、解体前のダイニングからキッチンを臨む写真です。



beforeダイニングから

築30年のヴィンテージマンションですが、14年ほど前に大規模なリフォームをしています。当時のオーナーもこのお部屋を別荘のように使っていたようで、使用感の無い綺麗なお部屋でした。




beforeキッチン2

キッチンもご覧の通りに、新品同様でしたが、クローズドのキッチンには閉鎖感がありました。
オーナー様と各務さんよりオープンなキッチンにされたい旨、ご要望がありました。



解体時リビングから

今回のリノベーションは、フルスケルトンではないものの、設備配管・配線含めほとんど解体・撤去しました。既存で流用したものはエアコン、一部の天井、移動しない間仕切りです。
リフォームでは良くあることなのですが、フローリングも既存フローリングの上に貼ることにしたため、半分程度は残すことにしました。





解体時玄関土間
写真は、玄関の大理石を剥がしているところです。150平米と大型の物件なのですが、玄関が少し狭く感じました。各務さんのデザインでこの玄関は、ウォークスルーのシューズインクロゼットを持った空間に生まれ変わります。

次回は、床暖房について書いていきたいと思います。