こんにちは。スタイル イズ スティルリビングの森島です。ご覧いただきありがとうございます。
本格的に寒くなってまいりました。しかし、夏と冬、どちらが好き?と聞かれると、私は迷わず「冬!」と答えてしまいます。寒い時に、暖かい飲み物をふうふうしながら飲むのが何より好きなもので。。また、ウインタースポーツにも、寒ければ寒いほど燃えてしまいます。

さて、寒い時には、部屋をあたためますが、様々な機器による温め方があります。
・ホットカーペット
・床暖房
・ストーブ
・オイルヒーター
・遠赤外線ヒーター
・エアコン
・・・など。

どれも、一度はどこかであたたまったことがあるものばかりだと思います。
この中で、住居で使うのにおすすめなのは、やはり床暖房です。
実家が数年前に床暖房にしたのがとてもよかったので、つい、推してしまいます。
では実際には、何がそんなに違うのか。少し書いていけたらと思います。

まず、エアコンやホットカーペットと違い床暖房が一番大きく違う点は、
遠赤外線を利用したふく射熱が壁や天井に反射し、お部屋全体が暖まることです。

ーふく射熱とはー
温度がある物体からは、必ずその温度に応じた赤外線が出ています。
その赤外線によって暖める方法が「ふく射」です。ふく射は、放出された熱が室内の壁や天井や人など温度の低い物体に吸収され、部屋全体に伝わる熱のやりとりのことです。
床暖房の場合、暖められた床の熱が、壁・天井・人へと伝わり、部屋全体を均一に暖めます。
(一部、床暖房で快適.comさんより http://www.yukadanbou-kaiteki.com/)


さらに暖まった空気が対流し、部屋の上部と下部で温度が違う、なんていうことがありません。足下は暖まった床に直接ふれることでぽかぽかです。

では、ホットカーペットはどうなのでしょう。
ホットカーペットは遠赤外線を少ししか出さないため、接している部分は暖かいのですが、お部屋はあまりあたたまりません。足だけ部分的に暖めたい場合には良いと思います。

エアコンは、せっかく出てきた暖かい空気が上部にたまってしまい、足下は冷たくなりがちです。それに、吹き出した温風でお肌が乾燥したり、ホコリの舞い上がりや、フィルターについたカビの飛散などが気になりますが、床暖房であればその心配もありません。

ストーブのように、実際の火を使うものは、暖まり方が早いのが魅力です。
ただ、換気や、火の元に気をつけなければなりません。

では、床暖房はどのくらいであたたまるの?と気になりますが、足下だけなら割とすぐに暖かさを感じます。部屋全体を暖めるには、約1時間ほど時間がかかります。
タイマーをかけることができるので、冬の朝などは起きる1時間前にセットすると、リビングに入ったときに暖かいです。もしくは、床暖の立ち上がり時のみ、エアコンをつけるのもおすすめです。


さて、床暖房には、温水式と電気式があります。
リフォームの場合、その時と場合によって使い分けますが、中古マンションリフォーム場合には、元々温水式床暖房がついている場合が多く、その場合はそのまま温水式にすることが多いです。
また、新規で取りつける場合には、電気式が多いです。理由としては、温水式床暖房対応の給湯器は価格が高い上に、寿命が10~15年のため、都度買い換えなければならないからです。
電気式では、そのような心配はありません。
リフォームをご検討中の場合には、どちらの床暖房のほうが向いているのか、相談してみると良いと思います。


床暖房01
↑スケルトンリフォームの際に、蓄熱電気式床暖房を採用。
電気代の安い深夜電力を使い、蓄熱して日中放熱するようにしています。
さらに、二重窓にしたため断熱性も高く、熱が逃げにくいです。

床暖房02
↑こちらは、元々、温水式床暖房がはいっていましたので、それを活かす形にしました。
なお、既存フローリングの上に、フローリングを貼りましたが、温度は丁度よいそうです。

床暖房03
↑こちらは戸建てのフルリフォームでした。エアコンや浴室暖房乾燥機に東京ガスのTESが入っており
できるだけ、それを生かしたいとのことでしたので、温水式床暖房を採用しました。




床暖房にするには費用もかかりますし、一長一短に床暖房がいい!とは言えないのですが、
オススメには違いないので、もし、施工する機会がありましたら、一度ご検討してみてください。ちなみに、床暖房に加えて、窓を二重窓にすると、さらに暖かさが逃げず、結露もせず、快適冬ライフとなります。



今回は、床暖房について、お話しましたが、
そうはいっても、あのストーブの点けたときの独特のニオイで冬を感じるのも好きですし、
エアコンの手軽さも捨てがたいですよね。薪ストーブや、昨今でてきたバイオエタノールの暖炉など、実際に炎がゆらめいているのを見るのも惹かれます。
まだまだ、冬ははじまったばかり。また、改めて別の暖房機器についても書いていきたいと思います。