DSC_1179
グリッパー式カーペット工事で使う道具です。「ニーキッカー」と言うそうです。その名の通り、ニー(膝)で蹴って使います。


グリッパー式でカーペットを貼るには、まず、部屋の隅に「グリッパー」というトゲのあるパーツを床に固定します。そして、カーペットをそこに引っ掛けて固定。カーペットにたるみが出ないよう、伸ばしてグリッパーへ引っ掛ける際、使うのがこの「ニーキッカー」です。
DSC_1186
この革のクッション部分を膝で蹴って、カーペットを引っ張ります。
革の部分を見ると、長く使い込まれている感じです。


DSC_1182
ヘッドの裏にはトゲがでていて、しっかりとカーペットをキャッチします。


DSC_1195
 使っているところを写真撮ったつもりでしたが、タイミングがずれてしまいました、、。
結構な勢いで蹴るのです。 余った部分をカットし、端をヘラで床面へ抑えたら仕上がりです。 


DSC_1177
ベテランの方の仕事を、若手の職人さんが真剣に見て学んでいました。