Style is Still Living

広尾にある設計・施工会社、スタイル イズ スティルリビングのブログです。 デザインやインテリアに関わること、リフォームや施工、またその他日々にまつわることも混ぜながら書いています。

タイル工事

グラインダー+先端工具

DSC_0947

DSC_0948


石工事では、現場にて細かい石の加工が必要な場合があります。切ったり、磨いたり、面取りしたりするのに、この画像に載っているグラインダーにカット用の歯や、研磨用の先端工具を装着して加工します。上・真ん中はカッター、下は研磨用です。複雑な部分に石を貼ろうとすると、必然的に使う頻度が上がります。常に様々な道具を駆使して、現場が仕上げられていきます。



I邸 中古マンションリフォーム 木の優しい色合いを楽しむ④

I邸の塗装とタイルの施工がはじまりました。

 DSC_0335
シナ合板のダイニングの天井に塗装をしていきます。シナにそのままクリアの塗装をすると黄色ぽくなってしまうため、ほんの少しだけ白の入った塗料で塗ってもらい、黄色味をおさえました。



DSC_0338
塗料は環境配慮型水性塗料で、F☆☆☆☆、非トルエン・キシレン、無鉛、低臭です。
塗装作業の際には、時に塗料の臭いが強くでることがあり、ご近所への臭い漏れにとても気を使うのですが、今回はそのような心配もありませんでした。


DSC_0343
半ツヤ消しで塗装し、きれいに仕上がりました。


DSC_0350
クロスの施工が今から楽しみです。


別の日には、タイル職人さんが入り、キッチン横とリビングの壁面にアクセントのタイルを貼ってくれました
DSC_0352
キッチンが設置される前に、タイルを貼っていきます。レンジフードの横、壁紙を剥がしてある部分です。


DSC_0429
墨出しをし、手早くタイルを貼り付けしています。タイルは24枚のタイルが1シートになっており、茶色い紙はそれぞれのタイルがばらけないようにしているものです。壁面にタイルを貼り、不要になった茶色い紙は濡らしながらはがしていきます。写真はちょうど、茶色い紙をはがしているところです。


DSC_0432(1)
施工完了。目地入れは翌日の作業となります。


DSC_0447
次に、リビングの壁面にエコカラットを施工してもらいます。


DSC_0446
右端からスタートし、半枚ずつずらしながら交互に馬貼りしていきます。
右端の角部分には、見切り材を入れ、タイルが収まるようにしています。


DSC_0485
施工が終わりました。シナの優しい木目の梁に、白いエコカラットの壁。クロスは淡いブルーグレーをとなる予定です。
 

DSC_0269
最後に玄関床のタイルを施工してもらいます。


DSC_0273
こちらも、きれいにタイルを貼ってくれました。


DSC_0274
目地入れは、タイルが固定された後にしますので、翌日にキッチン部分の目地入れと合わせて行います。


DSC_0455
タイル工事が終わった時点で、いままでの工事で溜まっていたゴミを搬出します。


DSC_0457
ゴミが撤去され、すっきりとしました。


DSC_0456
この後、クロスの工事がはじまりますが、壁の各面を張り替えていくため、作業がしやすいように事前にゴミを搬出しました。


DSC_0469
次回は、クロスの貼り付けの様子をお伝えいたします。

 
Style is Still Living