PEF補正-23

南青山プロジェクト。今回は、床暖房工事について書いていきたいと思います。

マンションのリノベーションで使われる床暖房は大きくは「ガス式」「電気式」の二つに分けられます。既存システムがガス式を使っている場合は「ガス式」を、今まで床暖房を敷設していないお部屋の場合は「電気式」をお奨めしています。

ガス式はランニングコストが低いと言われいましたが、電気式もPTCヒーターの登場でさほど変わらなくなっています。また、ガス式は給湯器の寿命が15年程度と短く、給湯器の価格が30万円弱と高額なため(床暖房に接続出来る熱源機付給湯器)、ライフタイムコストで見ると電気式に軍配があがります。

ただ、電気式は立ち上がりが遅いのが難点です。暖かさを体感できるまで30分程度かかります。その点はタイマー機能でカバーするようにします。



P7041383

この写真は、キッチンの解体後の写真です。このマンションはキッチン、トイレなどの水廻りのスラブがLDや個室などより下がっていて、そこに設備配管が敷設出来るようになっています。



P7191552

床下地を作る前に、今回製作するキッチン位置に新しい配管を敷設します。古い鋼管の給水管、銅管の給湯管はこの後撤去しました。給水・給湯管は現在の標準仕様である架橋ポリエチレン管を使っています。



P7201263

まず熱が下に逃げないように断熱材を敷き込み、その上に、二重床を組んでいきます。



P7201267

使用している二重床は万協フロアーの製品を使用しています。



P7251309

万協フロアーの上に、大理石の下地となる合板を貼り、床暖房フィルムの下地シートを並べた所です。




P7251310

リビング、ダイニング、キッチンと全てに床暖房フィルムを敷設し終わりました。
電気式床暖房は、電気屋さんと大工さんだけで施工出来ます。
今回使用した床暖房は、アルシステムのプリマヴェーラという製品です。




P7261309

リビング、ダイニングにはIOCフローリングのオークの4mm厚挽板を使用したホワイト染色された物を採用しています。
キッチンは、アドヴァンの大理石「オデッサグレー」を使っています。


次回は、浴室について書いていきたいと思います。