Style is Still Living

広尾にある設計・施工会社、スタイル イズ スティルリビングのブログです。 デザインやインテリアに関わること、リフォームや施工、またその他日々にまつわることも混ぜながら書いています。

ヴィンテージマンション

南青山プロジェクト ③ 浴室工事

PEF補正-13

ずいぶんブログをサボっていましたが、再開したいと思います。
昨年手がけた南青山プロジェクト。築30年のヴィンテージマンションです。

昨年共用部の大改修も行われ、歴史と重厚さを残しながら、最新のセキュリティとデザインを加味した素敵な物件となっています。

今回は、浴室の工事とデザインについて書いていきたいと思います。
このお部屋は元々、在来工法の浴室となっていました。
在来工法の浴室工事はコストが掛かるという点と、防水に細心の注意を払う必要がある点から、ユニットバスが採用されました。

ただし、ユニットバスですと壁の素材や、ドアなどのデザインに制限がありますので、TOTOのハーフユニットバスHalf Bath 08を使っています。
この製品ですと、浴室の壁や天井、ドア、使用するシャワー水栓などを自由に選択出来ます。



PEF補正-41

このように、洗面室壁に使用したタイルと同じ大判のタイルを貼ることで、洗面室と一体のデザインとすることが出来ます。
タイルはADVAN のミネラルDリビングです。大理石調のタイルで、とてもシックな空間を作ることが出来ます。



DSC_8929

写真が、以前の浴室です。充分綺麗でしたので、壊すのがもったいなかったのですが、洗面室と段差もあり、壊すことにしました。



P7141383

洗面室と浴室の段差を無くす上で必要だったのが、浴室内部の増打コンクリートの撤去です。
在来工法の浴室では、配管後、洗い場部分をモルタルやコンクリートで嵩上げします。
このマンションではコンクリートで嵩上げされていましたので、削り工事が必要になりました。
マンションで削り工事を行うと、激しい騒音と振動で、クレームになります。
そのような場合「静音工法」という特殊な機械を使って床を解体します。今回は、静音工法の中で「パッカー工法」を選択しています。
コアドリルでいくつも土間に孔を開けていき、パッカー機で崩していきます。



P7191537

この写真が工事後の写真です。洗面部分と浴室部分が元々のスラブまで解体され、フラットになった様子が分かります。
浴室中央に床から出ているのが、埋設されている排水管です。



P8021263

ハーフユニットバスを設置している写真です。



P8061278

ユニットの上は、LGSで壁を建て、耐水合板を貼った上でタイル貼りとしています。


PEF補正-14

このように、洗面室とトイレが一体のデザインで仕上げられ、広々とした空間になりましたね。






 

南青山プロジェクト① 現地調査と解体

PEF補正-20

6月27日より10月末まで4ヶ月にわたる工事を行い、生まれ変わったヴィンテージマンション。
これから、数回にわけてその模様を掲載したいと思います。
このプロジェクトは、カガミ建築計画とのコラボレーションで、各務謙司さんデザイン、スタイル イズ  スティル リビング施工で進められました。日頃、デザインと施工をトータルに行うスタイル イズ スティル リビングですが、以前よりリスペクトしていた各務さんからの依頼に、全面的に協力させて頂くことになりました。



beforeキッチン側2

お話を頂いたのが4月の中旬、現地を拝見したのが5月の中旬でした。工事開始まで1ヶ月半ほどしか無く、図面が出来上がる前に着工というスケジュールとなりました。
写真は、解体前のダイニングからキッチンを臨む写真です。



beforeダイニングから

築30年のヴィンテージマンションですが、14年ほど前に大規模なリフォームをしています。当時のオーナーもこのお部屋を別荘のように使っていたようで、使用感の無い綺麗なお部屋でした。




beforeキッチン2

キッチンもご覧の通りに、新品同様でしたが、クローズドのキッチンには閉鎖感がありました。
オーナー様と各務さんよりオープンなキッチンにされたい旨、ご要望がありました。



解体時リビングから

今回のリノベーションは、フルスケルトンではないものの、設備配管・配線含めほとんど解体・撤去しました。既存で流用したものはエアコン、一部の天井、移動しない間仕切りです。
リフォームでは良くあることなのですが、フローリングも既存フローリングの上に貼ることにしたため、半分程度は残すことにしました。





解体時玄関土間
写真は、玄関の大理石を剥がしているところです。150平米と大型の物件なのですが、玄関が少し狭く感じました。各務さんのデザインでこの玄関は、ウォークスルーのシューズインクロゼットを持った空間に生まれ変わります。

次回は、床暖房について書いていきたいと思います。






 

Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに①

今週より、Y邸でのリフォーム工事がはじまりました。

Y邸3


今回は、水回りや床の工事はなく、寝室のひと部屋を主寝室と子供部屋に分ける間仕切り工事、壁面漆喰・クロス張替え工事、折り上げ天井工事、空調設備の追加・更新、その他造作工事です。
お子様が大きくなり、子供部屋とスタディスペースを設けることが、今回のリノベーションの大きな目的です。子供部屋は、将来それぞれの部屋に分ける予定ですので、間仕切り壁を入れることができるような天井下地にし、エアコンの吹き出し口も2箇所設けます。



まずは、解体前日に電気の切り離し、エアコンの配管切り離し・フロンガス回収をしたのち、解体工事に入ります。
DSC_1054
解体前を撮影する前に、あっという間に間仕切り壁が取り払われました。
緑の壁部分が元の寝室です。今回の工事で、この壁をもう少し手前に出し、
子供部屋と主寝室に分けます。また、正面の洗面ドアからリビングに向かって廊下とし、そこにご家族で使えるスタディスペースを設けます。

DSC_1065
天井のボードをはがし、縦横にまっすぐ伸びている軽量天井を取り除きます。

DSC_1070
すると、使われなくなって、天井裏にそのまま残っていたエアコンのダクトや、つい最近まで使われていた既存ダクトが見えてきました。これらはすべて撤去し、今回のエアコン増設・更のために、新たにダクトを設置します。

DSC_1083
すこし見えづらいですが、ダクトはすべて取り払われました。
残っているのは、上階の配管と浴室へ向かう給湯器からの配管です。


解体が終わった翌日から、大工さん、空調屋さんが入ります。
DSC_1117
写真奥は洗面です。ここは元々開き戸でしたが、スタディスペースのデスクに干渉してしまうので、引き戸にします。戸が壁に引き込まれる分、壁をふかす下地ができてきています。


DSC_1120
こちらの写真は、空調屋さんが指定の場所にエアコンを釣り上げているところです。
元々エアコンは業務用エアコンが1台あり、各部屋に吹き出し口を設けて使用していましたが、各部屋で入切や、温度調節をしたいというご要望があったため、今回はエアコンを2台設置します。
1台はリビングダイニングに、1台は主寝室に。また、主寝室のエアコンより吹く風を、一部子供部屋へ送るために吹き出し口を設けます。


この後は、電気屋さんが、コンセントやスイッチ、その他照明等を取り付けするためにケーブルを天井裏や壁裏に這わせ、壁を通して末端の機器に接続するための「逃げ配線」という作業を行います。




Y邸の完成までの様子はこちらよりご覧下さい
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに②
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに③
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに④
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑤
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑥
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑦
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑧
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑨
Y邸 ビンテージマンションリフォーム お子様の成長とともに⑩
Y邸 竣工写真撮影

Style is Still Living